2008年04月07日

実際に外国人と話をしてとまどうのは、勇気を出して話しかけたとしても相手が答えた内容がさっぱり聞き取れないということです。

英語のヒアリングが苦手という方でも、「読む英語はわかるんだけどね」という人は多いのではないでしょうか。
英語のヒアリングというと、まずは単語を聞き取れる、そして意味がわかるということが必要になりますが、はじめはどうしても早口で話されているのでチンプンカンプンという印象になってしまいます。
これでは、せっかく英語の勉強をしても会話にはならないですよね。それに、よく「ヒアリングのできない英語は話せない」とも言われます。
それにしても、中学、高校と一生懸命に勉強をしたし、高いお金を払って英会話学校にも行ったのに、全然英語のヒアリングができるようにならないのはなぜなのでしょうか?
ここで、ちょっと学生の頃の英語の授業を思い出してみましょう。そうです。文法や単語を覚えるばかりで、生の英語をヒアリングする時間などほとんどありませんでした。こうやって、我々は間違った英語の学習方法を身に付けてしまったのです。
会社でのキャリアアップのために、英語を身に付けようと思っても、ネイティヴと話をするよりもつい机に向かって文法の勉強なんかしてしまいます。これで英語のヒアリングができたら、逆に驚きです。
さらに英単語をカタカナでの表記やスペルでだけで覚えてしまうと、耳に入ってきた英語をカタカナに変換して理解しようとしてしまいます。
ちなみに、まったく単語を知らない人がひたすら英語を聞いていても、「ある日突然わかるようになる」なんていうことにはなりません。音と意味が一致して始めて英語のヒアリングといいます。
意味がわかる文章を何度も聞きながら、英語のアクセントやリズムに慣れていきましょう。暗記できるほど繰り返せば語彙も増えるので本当の意味のヒアリングができるようになります。
アルクのヒアリングマラソンなど、毎月映画や音楽を扱ったテーマであきることなく学習ができます。後はDVDを使った学習法がお勧めです。軽いタッチのホームドラマの字幕を切り替えながら見て、セリフを覚えるくらいになったら、英語のヒアリングスキルもぐっと上がっていることでしょう。
英語のドラマを見ながらのヒアリング学習では、場面ごとに使われる表現も覚えることができるので、スピーキングも上達することができます。
最後に、少しくらい聞き取りがうまくいかなくても大したこと無いと開き直ることも大切です。わからなかったら、聞きなおすぐらいの気持ちを持つことが英語のヒアリング上達のコツですね。

英語が90日間でペラペラに!【カリスマ英語速習法】


[PR]
松下誠のFX DVD 12本セットを無料でプレゼント
あなたが5%の勝ち残りトレーダー本物のFXトレーディング


ラベル:英語 ヒアリング
posted by 英語ヒアリングマスター at 05:00| 英語ヒアリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。