2008年04月08日

お勧めの学習方法としては、DVDを一枚買ってそれを繰り返しながら見ることです。字幕を表示したり、消したりしながら見ているうちにセリフを覚えて聞き取れるようになってきます。

英語のヒアリングが苦手で、外国人と話をするのにも勇気が出ないという人は多いですね。 
もし、外国人と話をする機会があって、勇気を持って話しかけたとしても、相手の答えが早口過ぎてさっぱりわからない。実は、実際に話し方が早いのではなく、聞き取れていないからそのように感じるのです。
まずは、ヒアリングができるようになることが英語をマスターするのには必要なのは、間違いのない事実です。
残念なことにアジア人の中でも、特に日本人は英語、それもヒアリングを苦手としているようです。学生の頃、あんなに英語を勉強したのにいったいどうしたことでしょう。
でも、よく考えてみてください。あなたは英語の授業で、どれだけ「生の英語」をヒアリングする時間がありましたか?ほとんどないですよね。そのような学習方法を身に付けてしまっているのは悲劇です。
会社でのキャリアアップのために、英語を身に付けようと思っても、ネイティヴと話をするよりもつい机に向かって文法の勉強なんかしてしまいます。これで英語のヒアリングができたら、逆に驚きです。
そして、単語をカタカナやローマ字で覚えてしまうと、英語を英語としてではなくカタカナに変換しないと聞き取れなくなってしまうので、目よりも耳で聞くことが大切です。
だからといって、意味不明の英語をただヒアリングしていても、意味がわかるようにはならないのも事実です。
ヒアリング上達のためには、意味がわかる文章を何度も聞きながら英語のリズムやアクセント、そして語彙を増やしていくのです。もちろん、ネイティヴが話しているものですよ。
アルクのヒアリングマラソンなど、毎月映画や音楽を扱ったテーマであきることなく学習ができます。後はDVDを使った学習法がお勧めです。軽いタッチのホームドラマの字幕を切り替えながら見て、セリフを覚えるくらいになったら、英語のヒアリングスキルもぐっと上がっていることでしょう。
英語のドラマを見ながらのヒアリング学習では、場面ごとに使われる表現も覚えることができるので、スピーキングも上達することができます。
最後に、少しくらい聞き取りがうまくいかなくても大したこと無いと開き直ることも大切です。わからなかったら、聞きなおすぐらいの気持ちを持つことが英語のヒアリング上達のコツですね。

新TOEIC超速スコアアップ法 林式


[PR]
【野球】ピッチング・スピードアップ!プログラム


posted by 英語ヒアリングマスター at 05:00| 英語ヒアリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。