2008年04月09日

英語のヒアリングができるようになると、好きな映画もそのまま英語で楽しめるようになります。やはり、吹き替えではしっくり来ないですからね。

英語のヒアリングが苦手な方でも、英語の本なら読めるし、意味もわかるという方は多いようです。
例えば、外国人に勇気を持って話しかけても相手の答えがチンプンカンプンで、結局何を言っているのか聞き取れないということもめずらしくありません。
最近は、キャリアアップのためにTOEICのテストを受ける人も増えていますが、やはりここでもヒアリングがハードルになっているようです。
それにしても、日本人は中学、高校と一生懸命英語の勉強をしているのに、なぜ英語のヒアリングができないのでしょうか?
では、学生の頃の英語の授業を思い出してみてください。あなたの英語の先生は「英語を話せた」でしょうか?きっとまともに「話せる」先生はいなかったと思います。その延長で勉強をしてもやはりヒアリングは上達することはありません。
だから、英会話ができるようになりたいのに、つい文法の本を買ってしまったりするのですね。でも、文法をいくら覚えても英語をヒアリングできるようにはならないし、会話もできません。
よく言われるのが、カタカナ英語の弊害です。つまり、耳に入って来る英語を無意識にカタカナに変換してしまう習慣で、これを直さない事にはヒアリングが上達することは難しいでしょう。治す
といっても、まるっきり意味のわからない英語をひたすら聞いていたとしても、音には慣れるかもしれませんがヒアリングができるようにはなりません。
そんなに長くなくても良いので、ちゃんと意味もわかる文章を何度も聞いているうちに語彙も増えていくものです。できれば、自分でも一緒に声に出してまねしてみると良いでしょう。
楽しみながら英語のヒアリングができるようになる教材としては、なんといってもDVDがお勧めです。字幕を切り替えながら、セリフを覚えてしまう位繰り返しましょう。できるだけ日常を扱ったテーマがお勧めです。
ドラマを見ながらヒアリングの練習をしていると、その状況によって使われる単語や表現も覚えられるので結果として聞き取りがしやすくなってきます。
そして、大切なのはあなたの英語ヒアリング能力に自信をもつことです。状況の把握さえ出来ていれば、「大体こんな話かな」と思ったことの8割は正しいものですから。

新TOEIC超速スコアアップ法 林式


TOEIC980点獲得!30歳からできたラクラク英語マスター法!

英会話ビジネス英語toeic攻略



ラベル:英語 英会話 TOEIC
posted by 英語ヒアリングマスター at 05:00| 英語ヒアリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。